プロ作家を目指すあなたへ

プロの小説家にあって、アマチュアにないものとは?

突然ですが、問題です。 「プロの小説家にあって、アマチュアにないもの」とはなんでしょか? 「才能」でも、「スキル」でも、「情熱」でもありませ...
はじめてこのサイトを訪れた人へ

ストーリー作りから始めるのが作家への最短ルート

「小説を書くって難しいなあ。勉強することがたくさんありすぎて、どこから手を付けていいのかさっぱりわからない……」 こんなふうにお悩みの人は「ストーリー...
プロ作家を目指すあなたへ

さあ、恥ずかしいことをもっと書きましょう!

「自分の内面をさらけだしすぎちゃって、なんか恥ずかしいし、もう少しマイルドに、オブラートに包んだふうに書き直したほうがいいかもな」 今回は、こんなふう...
プロ作家を目指すあなたへ

発信しない小説家に未来はない

【発信しない小説家に未来はない】 最初に結論を書きます。 これからの小説家に、SNSやブログなどでの「発信」は必須です。 今日からどんどん...
はじめてこのサイトを訪れた人へ

小説は独学で VS. プロから学ぶ

「これから本格的に小説を書こうと思うんだけど、どうやったらおもしろい小説を書けるようになるんだろう? 独学で小説を書くのと、だれかに書き方を教えてもらうの、どっ...
プロ作家を目指すあなたへ

小説を書く人に伝えたい【推敲】の大切さ

今回は、 「文章を書き終えたら、絶対に推敲しよう」 というお話です。 推敲なしの文章では、 伝わるものも伝わらなくなってしまいます。 それでは、時間と...
プロ作家を目指すあなたへ

目標は、●●●に伝えると達成できる【青森山田に学ぶ】

【目標は、●●●に伝えると達成できる】 「毎年、1月には目標を立てているんだけど、いつも途中で挫折して、達成できないんだよな~。目標達成できるいいやり方、...
プロ作家を目指すあなたへ

まずは短編小説から書き始める3つの理由

小説家のタマゴは、まず、長編小説ではなく、短編小説の執筆からスタートしてください。「いやいや、私は、長編小説を書いて作家になりたいんだ!」と思った人も少なくないでしょう。でも、まだ小説を書き慣れていない人ほど、いきなり「長編小説」に取り掛かるのではなく、まずは「短編小説」から始めてください。
プロ作家を目指すあなたへ

【お試しください】「あの日の自分」のために小説を書くと…

今回の記事をまとめると、「あの日の自分」を読者に想定して小説を書くと、3つのメリットがある。1つめ 過去の自分に相談できるから、筆が止まりづらい。2つめ 普段は想像しづらい読者の顔がすぐ浮かぶ。3つめ 1人は絶対に喜ぶから、そこから多くの人に届く。
プロ作家を目指すあなたへ

天才売れっ子小説家に勝つたった一つの方法

今回の結論は、「普通の人が天才に勝つには時間が必要だから、その時間を作りだすために、何かをやめて時間を作ろう」です。この記事を読むことで、小説を書く時間をグッと増やすことができるようになります。
タイトルとURLをコピーしました