【クリエイター必見】周りに埋もれず、自分の作品を目立たせる方法

はじめてこのサイトを訪れた人へ

クリエイターになりたい人にとって、

「周りに埋もれてしまって、自分の作品を見つけてもらえない」

ことは、かなり大きな悩みですよね。

 

そんな悩みを抱えている人は、

「ある質問」について考えることによって、

自分の取るべき道が見えてきます。

 

つまり、大勢のライバルに埋もれることなく、勝利を手にするにはどうすればいいかが、見つかるということです。

 

「ある質問」とはこちらです。

 

「大人気のあのアイドルに誕生日プレゼントをあげるとします。何をどんなふうに、どうしたら、周りの人よりも喜んでもらえるでしょうか?」

 

小説家にしても、

イラストレーターにしても、

マンガ家にしても、

ミュージシャンにしても、

ユーチューバーにしても、

クリエイターというのは、自分の作品を見てもらってからが勝負。

 

それなのに、その作品が埋もれてしまっては、スタートラインにも立てません。

 

「大勢のライバルたちよりも一歩前に出ること」

 

これを目指さない人は、

クリエイターにはなれないと言っても過言ではないのです。

 

このことを大前提として、胸に刻みつつ、それではさっそくこの質問について解説しています!

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

 

まず、この質問を考えていくうえでのポイントが3つあります。

 

ポイントの1つめは、

「周りと同じプレゼントを、周りと同じようにあげても、埋もれてしまう」

というもの。

 

たとえば、大人気アイドルの誕生会イベントが開催されて、そこでアイドルに直接プレゼントを渡せるとしましょう。

 

大人気アイドルなのですから、当然、ほかにもファンはたくさん来ます。

 

どのファンもみんな、なんとかしてアイドルが喜ぶプレゼントをあげて、他のファンよりも喜ばせたいと思っています。

 

そうして、自分のことを印象づけたい、覚えてほしい、と考えているのです。

 

ようするに、競争率がムチャクチャ高い!

 

そんななかで、そのアイドルが「バラが一番好き!!」と公言しているのを知っているあなたは、

「よし! バラの花束をあげたら、きっと喜んでくれるはず!」

と、バラの花束をプレゼントするとします。

 

いかがですか? 

 

そのアイドルはすごく喜んで、あなたのことを覚えてくれると思いますか?

 

違いますよね。

 

同じように考えて、バラの花束をプレゼントする人がたくさんいるんです!

 

そのアイドルの視点に立ってみてください。

 

「この人もバラ……次の人もバラ……また次も……バラは好きだけど、みんなが同じものをくれると、あまりうれしくなくなってきちゃう」

 

また、みんなが同じものをプレゼントするのですから、あなたのことだけ覚えていられるはずがありません。

 

みんなと同じものをプレゼントしたって、印象に残らないんです!

 

あなたは、大勢いるファンの一人になってしまったんです!

 

このように、周りと同じことをしてしまうと、周りに埋もれてしまい、目立たないのです。

 

逆言うと、もしも埋もれたくないのであれば、周りと違うことをしないとならない、ということ。

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

 

つづいてポイントの2つめは、

「上には上がいる」

ということ。

 

もしかしたら、

「同じバラの花束でも、わたしはもっとたくさん! 300本のバラで作った花束をあげる! そうすれば目立つはず」

このように考えた人もいるかもしれません。

 

たしかに、みんなが50本、100本のバラの花束をプレゼントする中、300本をプレゼントしたら、それは目立ちますし、そのアイドルもあなたのことを覚えてくれるでしょう。

 

ですが、500本の花束をプレゼントする猛者がいたらどうなりますか?

 

その猛者を覚えられてしまい、あなたはやっぱり周りに埋もれてしまい、覚えてもらえないのです。

 

ようするに、値段の高さ、量の多さなどで競争をしても、上には上がいること可能性があって、あなたがどんなにがんばっても、その上をいかれてしまったら、やっぱり勝てないということ。

 

値段や量で勝負をするのも、よっぽど自信がなければ、なかなか厳しいのです!

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

 

さて。ポイントの3つめは、

「あなたの個性を出すしかない」

ということ。

 

ポイント1で、「まわりと同じものではダメ」だとわかり、ポイント2で「量でもダメ」だとわかったはず。

 

だったら、どうしたら勝てるのでしょうか?

 

もうおわかりかもしれませんが、周りのライバルたちに埋もれずに勝つためには、

「あなたにしかプレゼントできないもの」

をあげたり、

「あなたにしかやれないこと」

をしたりするのがベストなのです。

 

一言でまとめると、

「あなたの個性を活かして、プレゼントをする」

ということ。

 

個性は十人十色、千差万別。一つとして同じものはありません!

 

当たり前のことですが、あなたにしかできないことは、他の人はがんばってもできないのです。

 

なので、あなたの個性を活かしたプレゼントをできたら、周りの人とかぶることはないでしょう。

 

当然、ライバルたちを置き去りにして、大人気アイドルにも強い印象を残すことができます!

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

 

「いやいや! そうやって個性を出したものをプレゼントしたとしても、相手が絶対に喜んでくれるかはわからないでしょう。逆効果の可能性だってあるし

 

このように思った人もいるかもしれませんね。

 

そのとおりです。

 

個性を出して周りとかぶらなかったからといって、相手が100%喜んでくれる、覚えてくれるとは限りません。

 

けれど、考えてみてください。

 

大好きなアイドルにプレゼントを渡すんです。

 

その相手のことを想像してプレゼント内容を考えるのは、大前提ではないですか?

 

プレゼントとは本来、そういうもののはず。

 

なので、相手が喜びそうなものの中から、自分の個性を活かしたプレゼントを考えますよね。

 

そうやって考えついたものを、相手が嫌がることは、まずありません!

 

ちょっと極端なたとえ話になりますが、あなたが梅酒を作るのが得意だったとしましょう。

 

けれど、アイドルがお酒を飲めないと知っていたら、

 

「よし、わたしの梅酒ならだれにも負けないし、かぶらないぞ」

 

なんて思って梅酒をプレゼントしたりはしないはず。

 

ここからもわかるように、個性を活かしたプレゼントをあげたからといって、少なくとも、逆効果になる可能性はきわめて低いといっていいでしょう。

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

 

ここまでをまとめると、大好きなアイドルにプレゼントをする場合、想定できるケースは3つあります。

 

ケース1:周りと同じものをあげて、埋もれてしまうケース

 

ケース2:あなたの個性を込めたプレゼントをして、埋もれないけれど、あまり喜ばれないケース

 

ケース3:あなたの個性を込めたプレゼントをして、埋もれないし、すごく喜んでもらえたケース

 

お気づきのように、アイドルにすごく喜んでもらうには、ケース3以外に選択肢はありません。

 

僕が結局、なにがいいたいのかというと、

 

「周りの人たちよりも相手を喜ばせたいと考えているなら、個性を出していくしかない」

 

ということです。

 

クリエイターは、人を喜ばせてなんぼの仕事です。

 

相手を喜ばせた量が多ければ多いほど、人気がでるのです。

 

なので、周りと同じことをやるのではなく、個性を活かして創作をしていきましょう!

 

ということで今回は、

「大人気のあのアイドルに誕生日プレゼントをあげるとします。何をどんなふうに、どうしたら、周りの人よりも喜んでもらえるでしょうか?」

という質問について考えてみました。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

毎週月曜に、メールマガジン「週刊 あなたにしか表現できないものの見つけ方」を発行しています。

内容は、こうやって質問を投げかけることで、好きを仕事にしたいクリエイター志望者が、自分の個性を見つけていく、というものです。

興味を持たれた方は、書きからぜひ!

有料メルマガ
「週刊 あなたにしか表現できないものの見つけ方」

好きを仕事にしたいクリエイター志望者へ - てて160
あなたはこんなお悩みありませんか? 創作が好きだから、クリエイターになって、楽しく仕事をしたいんだけど、何から

メルマガは、毎月980円ですが、登録から4号分は0円です!

4号をタダで読んで、
つまらなかったら登録解除すれば、
お金はかかりません!

メルマガ無料公開号はこちら

https://editor-pit.info/?p=969

 

 

タイトルとURLをコピーしました