小説家のタマゴが成長するには〇〇〇を暗記しよう

未分類

小説予備校メルマガ、今週号の読みどころについて!

 

メルマガは毎週月曜日に発行していまして、
通常ですと火曜に登録いただいたら、
次の月曜が最初にメルマガが届く日、となります。

 

ですが、今回は、
もし19日(火)までにお申し込みいただけたら、
18日発行のメルマガも
特別にお届けしちゃいます!

 

この機会にぜひ!

 

▼▼▼▼▼

 

さて。

 

現在、メルマガでは、
特別連載として
「小説家のタマゴが最速で成長するための9カ条」
について、
毎回1カ条ずつ取り上げて、
詳しく解説をしています。

 

ちなみに9カ条は、

 

・長編よりまず短編から
・プロットを先に
・ストーリーの型を暗記
・途中で投げ出さず完成させる
・完成したら紙に出力して読み返す
・毎日書く習慣を。10分でいい
・睡眠時間は削らない
・お金を出して小説を買って読む
・読ませたい一人を決める

 

となっています。

 

で、今週号では3つめの
「ストーリーの型を暗記」について、
解説しています。

 

「なんだよ、ストーリーの型って?」

 

そう思った方も多いかもしれません。

 

出版業界や映画業界では
公然の秘密になっているのですが、
ヒットしている小説や映画のストーリー展開には、
ある一定の「型」があるのです。

 

ハリウッド映画ではとくに
型を用いる傾向が顕著で、
海外の脚本スクールなどでは、
まずその型を徹底的に身につけるところから
授業が始まるそうです。

 

で、私が発行している
「小説予備校メルマガ」でも同じように、
生徒のみなさんにはまず、
その型を学ぶところから
始めていただいているわけです。

 

なぜならば、
まだ小説を書き慣れていない小説家のタマゴは、
その型を身につけてから小説を書くことが、
上達への最短距離だからです。

 

その型とは一体どんなものなのか?

 

それは・・・・・・すみません!

興味がわいてきた人がいたら、ぜひメルマガを読んでください!

 

 

 

と言いたいのですが、
せっかく私のブログを読んでいただいているので、
ほんの少しだけ型について、
というか「型の身につけ方」について、
書かせていただきます。

 

 

▼▼▼▼▼

 

メルマガでは、
3ステップのレッスンを受けることで、
その型にのっとったストーリーが作れるようにしています。

 

たった3ステップなんです。

 

ということで、
その3ステップを書いちゃいますね。

 

ステップ1――主人公に3つの要素を持たせる

ステップ2――5つの質問に答えて、それぞれの場面を作る

ステップ3――ステップ1・2の回答を用いて、「日常」「非日常」「新日常」の3章に分けたプロットを作る

 

です。
簡単そうでしょう?

 

こういったステップ形式で、
おそらくこれまでのみなさんの創作方法とは違った形で、
短編小説のストーリーが作り出せるというわけです。

 

ちなみにもう一つ付け加えると、
メルマガではまず、
長編ではなく短編から書いてもらっています。

 

その理由は、
9カ条の1番目にいくつか理由込みで解説していますが、
簡単に言えば
短編をたくさん完成させることが、
上達への近道だからです!

 

 

ということで、
18日発行のメルマガの内容について、
少し書かせていただきました。

 

繰り返しになりますが、
もしも興味がわいた人がいたら、
下記のリンクから購読してみてください。

 

購読料は月に980円です。

 

登録1ヵ月間、つまり4号分は無料なので、
4号読んでつまらなかったら解約したら、
1円もかかりません。

 

この機会にぜひ!

 

小説家のタマゴのためのメルマガ0929 - てて160
1年以内の出版だって実現できる! 小説家のタマゴのためのメルマガ、誕生! 3ステッ

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました