【誤解注意!】「好きなことを書く」と「好きなように書く」

はじめてこのサイトを訪れた人へ
「好きなことを書く」を誤解すると、誰も読んでくれない小説を書くことになる?

(今回の記事を音声で話しています。こちらもぜひ!)

 

今回は、「好きなことを書く」と「好きなように書く」を誤解すると、大変なことになってしまいます、ということについてです。

 

以前、こんなツイートをしました。

 

「小説家のタマゴこそ、もっと好きなことを書いたほうがいいですよ」って話をよくするんですが、なぜか「好きなように書こう!」と誤解する人が出てきます。「好きなことを書く」と「好きなように書く」は3文字しか違ってないけど、全然違うんで!

 

このツイートについて要望があったので、もう少し詳しく書いていきますね。

 

▼▼▼▼▼

 

まず、「好きなことを書く」と「好きなように書く」の両者の違いを考えてみたいと思います。

 

「好きなことを書く」というのは、大前提として「好きなこと」があるわけですよね。

 

では、なぜその好きなことを「書く」のか。

 

それは、「相手に伝えたいから」だと言えます。

 

となると、「好きなことを書く」とは、「自分が誰かに伝えたいことを、伝わるように書くこと」が目的となります。

 

もしも自分の好きなことが相手に伝わらなければ、その目的は果たせません。

 

ようするに「好きなことを書く」とは、「相手本位」な行為といっていいでしょう。

 

一方、「好きなように書く」というのは、筆のおもむくままに書けばいいので、相手に伝わる必要はありません。

 

こちらは「自分本位」といえる行為で、だれかに見せることを前提としていないという意味で、日記と同じだといえます。

 

ここまでをまとめると、「好きなことを書く」は相手本位で、「好きなように書く」は自分本位なのだといえます。

 

▼▼▼▼▼

 

もう少し考えをすすめていきましょう。

 

「好きなように」自分本位に書いていく文章は、独りよがりになってしまいがちです。

 

日記であれば全然かまわないのですが、そこには「もっとおもしろく書こう」「より伝わるように書こう」という意思は皆無です。

 

けれど「好きなことを」相手本位に書く文章は、独りよがりにはなりません。

 

「自分の好きなことをもっと知ってほしい。分かってほしい。理解してほしい」と考えて書かれた文章は、得てして熱のこもった文章になります。

 

私たちはそんな熱に吸い寄せられるので、その文章は大勢の人を魅了します。

 

もちろん、「もっと知ってほしい」と思いながら文章を書いた先には、「こうしたらもっと伝わるかな」といった工夫にもつながります。

 

これは言い方を変えると、「好きなことを書かない限り、みんな読んでくれないし、文章力もアップしない」ともなるわけです。

 

▼▼▼▼▼

 

たまに、「好きなことを書いてもだれも読んでくれないから、好き嫌いにかかわらず、流行っていることを小説に書かないといけないんだ」という意見を目にします。

 

「流行していることを書くのが好き」なら別にいいのですが、たいして興味がないことをいくら小説にしたとしても、やっぱり読まれないし、文章力もアップしないし、もちろんおもしろい小説にもなりません。

 

ですので、その点は注意していただければと思います。

 

このように書くと、「好きなことを相手に伝わるように書きたいけど、具体的になにをすればいいの?」と思った人もいるかもしれません。

 

具体的にすべきことはいくつもありますが、そのうちの一つは「ストーリーの型」を身につけることでしょう。

 

「ストーリーの型?」と思った人は、下記の「【無料】1週間で小説家のタマゴが急成長するレッスン」を読んでみてください。

 

これこそ、自分の小説をたくさんの人に読んでほしいと思っている方が、最初に読むべき教材だと自負しています。

 

ということで今回は、「好きなことを書く」と「好きなように書く」の違いについて、説明をしました。

 

▼▼▼▼▼

 

「1週間で小説家のタマゴが急成長するレッスン」を作りました。

 

・やる気はあるけど、どこから手をつけていいか分からない

・おもしろい小説が書けているのか、不安だ

・独学で書いているけど、やっぱりイチから小説の書き方が知りたい

・自分の小説に対して、編集者からのアドバイスがほしい

 

この中に1つでも当てはまる人は、参考になるはず!

 

もちろん無料です!

 

1日目――長編小説を書きたくても、まずは短編小説から書き始めよう!
2日目――上達への最短距離は、プロットを先に書くこと
3日目――ストーリーには型があることを知っている?
4日目――主人公の3つの要素①「欠点」
5日目――主人公の3つの要素②「目的」
6日目――主人公の3つの要素③「気づき」
7日目――実際に作って、送って、読んでもらおう

1週間で急成長するレッスン - てて160
もうストーリー作りで悩まない! ”1週間で” 小説家のタマゴが 急成長するレッスン 7通のメール

 

よろしければぜひ!

 

 

タイトルとURLをコピーしました