これから長編小説を書きたい方限定の話

【小説編集者がコッソリ教える! 作家のタマゴに伝えたいこと】とにかく最後まで書き切ってください!

 

今回は、「とにかくプロットを先に完成させましょう」ということについてお話しさせていただきます。

とくに、これから小説を書きたい、書こうとしている、という小説初心者の人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

さて。

小説を書いてみようと思い立って、いざ小説を書き始めた人の多くは、途中で挫折してしまって、最後まで書き切れません。

最後の「終わり」まで書けなくて、諦めてしまう人が、かなり多くいるわけです。

小説初心者さんで結構よく聞くのが、なんとなく頭に浮かんだ場面を、まず書き始めてみる、という人です。

たとえば、男女の別れの場面だったり、感動的な告白シーンだったり、ミステリーの冒頭場面だったり、戦闘シーンだったり、こういったところから書き始めるんですね。

で、そこを書き終わったら、それからどうやってほかの場面につなげていいのか、悩んでしまって、それで筆が止まってしまう。

こういうことが結構多いんです。

または、「こんな魅力的なキャラを出したいな」と思って、主人公を作って少し書いてみたはいいけれど、その主人公に何をさせたらいいのか、とかを悩んでしまって、やっぱり筆が止まってしまう人もいます。

でも、こういった悩みというのは、「最初にプロットを作る」こと、つまり小説を書き始める前にストーリーを完成させることによって、すべて解決するんです。

ちなみに、プロットというのは、簡単にいうと小説のストーリーだけを抜き出したもののことで、小説の設計図だと思ってください。

たとえば、家を建てるときに、建築図なしで家は建てられませんよね。

映画を撮るときも同じで、台本なしで映画を撮影することはできないはずです。みんな戸惑って動けないし、セットも作れないですよね。

プロットなしの小説というのは、これと同じ状態なんです。

 

 

▼▼▼▼▼

 

 

じゃあ、プロットをさきに完成させると、どんないいことがあるか。

たとえば……

 

・ストーリーの全体像が見える

・伏線がはりやすい

・ストーリーで足りていない部分がわかる

・おもしろいかどうかの判断がつきやすい

・途中で挫折せず、最後まで書き終えられる

・小説を書き始めたら、描写を書くのに注力できる

こんな感じで、いいことがたくさんあるわけです。

 

それでも、先にプロットを作りたがらない人もいます。

そういう人に理由を聞くと、まず出てくるのが、売れっ子作家がプロットを作っていないから、というもの。

たしかに、プロットなしで小説を書く人もいます。でも、それはごく一部の天才だけですし、彼らだって苦労してようやくその境地にたどり着いたわけです。

素人や初心者が天才の真似は、しないほうが賢明です。

それに実際のところ、ほとんどのプロ作家は、小説を書く前にプロットを作っています。

そのプロットを出版社の編集者に見せて、それで「おもしろそうですね! じゃあ書いてください」というゴーサインが出てから、小説を書き始めています。

私も、何冊も本を出している作家さんに対して、やっぱり「まずプロットを見せてください」と言っていましたし、そのプロットを編集長に見せて、OKが出てから書き始めてもらっていました。

結局、一部の天才を除いてほとんどの人が、プロットを作っているということを忘れないでください。

とお伝えしても、やっぱり「でも、先にストーリーが決まっちゃうと、書いていて楽しくない気がする……。原稿を書きながら想像力を使って、小説を書きたい」という人が一定数はいます。

別に私の創作論が絶対ではないですし、それはそれでいいと思います。

これは絶対に誤解してほしくないので言いますが、私のいうことを100%信じる必要は全然ありません。

私もそれは全く望んでいません。

参考になるなと思ったら、参考にしてみてくださいね、という程度です。

でも、それでもやっぱり「先にストーリーを完成させたほうが、挫折しないで、最後まで書き上げることができますよ」とは言っておきます。

それに、いきなり小説を書きだして、何カ月かかけて5万文字くらい書いてから、「いまいちおもしろくない」とか、「あ~、この小説の終わり方が、全然わからない」という状態になってしまうことがきっとあります。

そうなってしまっても、もう打つ手がないので、数か月という時間と、5万文字の原稿が無駄になってしまいます。

本当にこういう悲惨な事態が結構あるので、だから「最初にプロットを」といっているんです。

それに、最後までとりあえず書けたけど、ストーリーが全然おもしろくなくて、だれも読んでくれない、という場合だってあります。

最後まで書けたという点ではまったくの無駄とはいえませんが、できたらそんな事態は避けたいですよね。

だったら、最初にプロットを作るのがベストです。

ということで、今回は「原稿を書きだす前にプロットを作りましょう」というテーマでお話しさせていただきました。

 

▼▼▼▼▼

 

もしも、今回の記事を読んで、「もっとおもしろい小説を書けるようになりたい」と思った方は、どうかこちらの記事も読んでみてください。

私が発行しているメールマガジン「おもしろかった!」と絶賛される小説が書けるようになる! 【小説予備校】メールマガジンの一部を掲載しています。

 

「おもしろかった!」と絶賛される小説が書けるようになりたい人へ
今回は、2月1日にリニューアルしたメールマガジンの一部を掲載しちゃいます! もしも読んで気になったかたは、こちらからご登録くださいませ!! 毎週...

 

このメールマガジンを読んでいくと、小説を書く力が飛躍的にアップするのです。

 

ちょっと想像してみてください。

いつも最後まで書き上げられなかったのに、しっかりしたストーリーで最後の「終」まで書き切ったあなたを。

作品をサイトにアップしたら、これまでとはまったく違う評価を数多くもらえているあなたを。

文学賞に応募したら、どんどん上の審査まで進んでいるあなたを。

本屋の「話題の新刊コーナー」に、自分の小説が置かれているのを見つけるあなたを。

けっして夢物語ではありません。

これを実現させるのが、このメルマガです。

初月無料なので、試し読みをして気に入らなければ、解約していただいて全く構いません。

一カ月タダ読みして、考えていた内容と違っていたら辞めてください。

私はこのメルマガから、出版業界・小説界を変えて、出版業界に重くのしかかっている「小説が売れない問題」を解決するつもりです。

そのためには、あなたの力が必要です。

このメルマガ読者の作品から、ベストセラー小説を出すのです。

だまされたと思って、メルマガを購読してみてください。

登録は下記リンクよりどうぞ。

 

小説家になりたい人にピッタリのメルマガ - てて160
読者から「おもしろかった!」と絶賛される小説が書けるようになります! 小説家になり

 

タイトルとURLをコピーしました